ataKikaku
会社概要お問い合わせ
HOMESERVICEBRAND POLICYGALLERYTUTORIAL

WACOMのペンタブレット

こんにちは。tamaです。
2007年も、残り少なくなりましたね。
お仕事に忘年会と忙しい毎日かと思いますが、
風邪には気をつけて下さいね。
 

今日は、私のお気に入りのアイテムをご紹介致します。
 
レタッチの時にアドビシステムズ株式会社Photoshopで使用する、
株式会社ワコムのペンタブレットです。
使っているのは、intuos3 PTZ-630です。
サイズは、A5サイズ(4:3)。
大きすぎますと、手を動かす範囲が広くなりますので
ちょうど良い大きさだと、私は、満足しています。
けど、私のモニターは、デュアルモニター(モニター2台)、なので4:3の比ではないのがちょっと・・
まぁ、これは慣れですね。
 
またペンタブレットでレタッチをする魅力ですが
ペンの太さの強弱が出来る事。
たとえば、マウスですと、ラインの太さが始点も終点も同じです。
しかし、ペンタブレットなら、綺麗にフェードアウトが出来ます。
簡単ですが、わかりやすい画像を用意してみました。↓
 
1214b.jpg
左画像@ マウスでのペンツール      右画像@ ペンタブレットでのペンツール 
 
CGパースでは、レンダリングが上がった画像にレタッチを加える。
その時に、ただ色を変えたり、植栽を添付するのでは、ペタッとした仕上がりになります。
ペンタブレットの特徴を生かせば、
陰影ハレーションを書き込むのには、もって来いですね。
他にも、覆い焼き・焼き込み・レイヤーマスク画像合成色変換白黒写真への着色
全てに効果が大きいかと思います。
 
そうそう、10月末に行ったPhotoshop World 2007のセミナーでも
講師の方は、ほとんどと言って良いほど、ペンタブレットを使用していました。
(ちなみに去年のイベントでも)

っと、私の場合、デザインの分野で活用させて頂いていますが、
他にも、医療・ビジネス・TV会議・教育と、あらゆる分野に導入されています。
ソフトウェアにも色々対応していみたいですね。

ペンタブレットを使用したら、もうマウスが使えない方も多いですが、
私は、レタッチの時だけですので、まだまだ・・・
もっと使いこなせる様になりたいと、ただ今、勉強中です。

NAME:tama | 2007/12/14
【 コメント (2) 】

説明の画像とてもわかりやすいです。

タブレットもすごく進化してますね。

>もりさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
初心者向けすぎた日記かと思ってたのですが、
わかりやすい画像にしてよかったです。
体験でも使って頂けたら、やみつきになるかもしれませんよ。

【コメントを投稿】





PAGE TOP
プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright ataKikaku. All Rights Reserved.