top of page
検索
  • 執筆者の写真ATAKIKAKU

【おすすめ!】清里観光とイベント体験~清里ならではの楽しみ方~


こんにちは、atoです!

最近はもっぱら涼しくなってきて秋めいてきましたね。

そんな私は先日、XRデザイン部の西鍛治さんと岡安さんと清里へ行ってきました!


清里には、CG部キャプテンの多田朱利が

代表を務める未来エージェンシー株式会社のオフィスがありまして

今回は、朱利さんが開催するセミナーの体験清里の観光をしてきました!


そこで、清里へ来たらこんな風に楽しめます!ということを

実体験をもとにまとめてみたので

よかったら観光目線でぜひご覧ください⭐





 

~とある日~


「今度朱利さんが清里でセミナーを開催するみたいですよ!」



「あ、クラウドファンディングの返礼品として開催するセミナーだよね!」




「そのセミナーに僕たちも行ってみよう!あとせっかくだから観光も!!(笑)」





「いいですね!」





~出発~


私たちは東京から清里へ向かいました。

東京から清里方面へは

新宿や立川から小淵沢までの特急が出ているので私たちはそちらの特急に乗車。


小淵沢から清里へ向かう電車では

車窓から緑あふれる景色を楽しめます。





次第に移り変わる景色を楽しめるのも清里観光の醍醐味ですね。

所要時間は2時間ほどなので、案外ふらっと訪れられます。


★観光プチメモ

日帰りもできるけど、やっぱり一泊するのがおすすめ。甲府に泊まって

2日目は甲府観光もおすすめです!




~清里に到着~


「お!思ったより涼しい!」



この日の気温は19℃ほど。東京ではまだ

半袖で過ごせましたが、さすがに清里は涼しい。。


★観光プチメモ

周りを見渡すと薄着の人も多かったけど、

空気が冷たくて夜は特に冷えるので、脱ぎ着できる服装で行くのがおすすめです!




~昼食~


「セミナーに行く前に何かご飯食べて行こっか。」


清里でご飯といったらあそこでしょ!!




ということで行ってきました、ROCK!!



清里1おすすめのご飯、

こちらのカレーがとーーーーっても美味しいんです!!!

私たち3人とも大好きです!!


ボリューム満点!ROCKのカレー!

★観光プチメモ

けっこうボリューム満点です!

1つのカレーを2人で半分こするくらいが丁度いいかも👀

カレー+いろんなサイドメニューを楽しむのがおすすめです☆

たくさん食べる岡安さんはダブルベーコンカレーを一人でたいらげていました(笑)


そしてこちらではビールも味わえます!

ぜひ飲み比べを楽しんでみてください☆



ボリューム満点ビール!

★観光プチメモ

人気のお店なので時間帯によって列ができます。

夏は近くのお店でソフトクリームを買って食べながら並んだり

お店の中にあるROCK STOREでお土産を見たりして時間を楽しむのおすすめです♪






~セミナーへ~


お腹も満たされたのでお楽しみのセミナーへ向かいます!

会場は未来エージェンシー株式会社清里オフィスROCKから徒歩で30分ほどです。


★観光プチメモ

坂が多かったり、一つ一つの場所が離れているので、徒歩移動は正直大変。。

お酒を飲まれない方はぜひ車で!



清里の森の一角に位置するオフィス。

お隣にはドライフラワーなどを販売している森の日曜日さんや

そばにはレストランが並んでおり、オフィスに立ち寄りながらショップやご飯を楽しめます。




★観光プチメモ

こちらの近くのレストランも時間帯により列ができるので、早めの時間帯に来て名前を書き、待ってる間に周りを散策するのがおすすめです☆




「朱利さんお疲れ様です!」


「あ、お疲れ様です、来てくれてありがとう!せっかく来てくれたから、今日はみんなにプロジェクションマッピングの制作を体験してもらおうかな。」



「はじめまして、今日はお会いできて嬉しいです。」



「あ!初めまして!今日はわざわざ東京からお越しいただきありがとうございます!」



「清里に来るのは初めてで、観光気分でやってきました!



「ぜひ観光も楽しんでください!清里ならではの体験ができると思います!」


「清里だと、プロジェクションマッピングを夜森の中で上映することもあるから

真っ暗の中すごくきれいに映像を楽しめるんだよね。制作する側も、夜森の中で制作するから、野生動物に会うんじゃないかって思いながら制作したりするよ(笑)」


「それはドキドキ(笑)」




清里の自然を感じながら始まったプロジェクションマッピング制作セミナー。

窓からは緑あふれる森が顔を覗き

開放的で独創的なオフィスでは

思わず時を忘れ制作に没頭してしまいます。



制作風景

途中、お隣の森の日曜日様から制作に使用するための商品をお借りしたりして進めました。




店主の方がとても気さくにお話してくださり

こんなふうにその土地の方とお話を楽しめるのもうれしいなあ、とほっこり







~セミナー終了後、みんなでご飯へ~


「さあそろそろ時間ですね、せっかくみんな来てくれたので、みんなでご飯へ行きましょう。おすすめのお店があります。」








「楽しみです!ありがとうございます!」




清里移住歴11年目の朱利さんが紹介してくださったお店へみんなで向かいます。

向かった先は、Irish Pub BULL&BEARです!



パブ、とのことでどんな場所なのかと

ドキドキして訪れてみると、そこは

地元の方の笑顔あふれる温かい場所でした。


女性や小学生くらいのお子さんの姿も見受けられたり

小型のワンちゃんを連れたお客さんの姿もあったり

地元の方の交流の場なんだと実感。


地元の方が通うお店へ訪れられるのは、うれしいですね!!


「みんなお疲れ様です!セミナー終わってこうしてご飯いけるの嬉しいな~ここはヒューガルデンがおいしいからぜひ味わってほしいな!」


清里って野菜とかお酒が美味しいですよね!食事を楽しみに清里来てるって言っても過誤ではないくらいです。」


「初めて清里に来てお店まで連れてきていただいてありがとうございます!セミナーも体験できて観光もできて、清里来てよかったです!ぜひこれからもよろしくお願いします!」


「こちらこそよろしくお願いします!清里で何かイベントとかやって、観光もセットでできるようなことをしたら楽しいですよね!ぜひまたご一緒しましょう!」



その後遅くまでcgトークやイベントの話題で盛り上がりました。



★観光プチメモ

飲み物の種類もたくさんある中

個人的はほうじ茶がおいしかったです!

なによりティーポットに服を着せているこの姿がとても可愛い。。!

ティーカップの絵柄も可愛く、飲むと温かさが冷えた体に染み渡ってきてホッとします。。

これからの時期におすすめです♪



これからの時期にぴったり!見た目も心も癒されるほうじ茶

★観光プチメモ

夜の道は街灯が少なく真っ暗なので帰りの運転にはお気をつけください👀



本日はこれにて解散です、

セミナー体験とおいしいご飯を味わった1日でした!




~翌日~



「今日は帰る前に連れていってあげたい場所があるからそこへ行こう。」



「どこでしょう??」




ということで2日目おすすめの場所は

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳!





リゾナーレ八ヶ岳は星野リゾートのホテルで

周辺にはレストランや雑貨屋、プールなども楽しめるリゾート施設です。


今回は、21個ものショップが並ぶ『ピーマン通り』付近を散策しました!



ハロウィン仕様になっていました👀

★観光プチメモ

入場は無料なので観光やお土産探索にぴったり!



私たちが入ったお店は朱利さんがよく珈琲を飲みに来ているというBooks&Cafe様!

ゆったり本を読みながら珈琲やケーキを味わうことができ、優雅な時間を過ごせます。



西鍛治さん、珈琲とケーキを堪能中☕

★観光プチメモ

清里にちなんだ本や雑貨も販売されているのでお土産探索が楽しいです!



さらに、同じ店舗内にはワインのテイスティングを楽しめる八ヶ岳ワインハウスがあります!

ワインサーバーから自分の好きなワインを選びゆったりじっくり味わうことができます。

朝からほろ酔い気分で観光できるとは、なんと幸せなひととき。。



ワインの美しさを堪能中🍷

他にもレストランや雑貨屋がたくさんありますが、今回はこのあたりで帰路となります。

清里、たのしかった〜〜!!



★観光プチメモ

帰りは小淵沢から特急に乗って東京へ帰ることができますが、帰る前にふらっと甲府に立ち寄るのもおすすめです。

甲府駅付近のお店で飲める信玄餅味のビールとリキュールがお土産にもってこいです!


信玄餅味のリキュールを味わう西鍛治さん、いい表情しますね~(笑)



これまたほろ酔いながら帰路に着けますね(笑)



 

いかがでしたでしょうか?

清里ならではの体験と観光

みなさまに伝わったらうれしいです!


清里で何かイベントなどをする際は

観光と合わせて思い出に残る時間

お楽しみいただけると思うので

みなさまぜひお越しくださいね♪


最後までお読みいただきありがとうございます!

また次回お楽しみに☆

 

インタビュアー:ato

企画・監修:nishikaji

サムネ/アイコンデザイン:okayasu

閲覧数:99回0件のコメント

Comentarios


bottom of page